ゆ〜ちゃんのい〜音楽!再発見!







RSS

Ringworld
RingBlog v3.04

2009年 12月 12日 (土)

これ、カッコイイっすよ。ジャズです。


これカッコイイです。

やっとユーチューブでアップされたんですね\(~o~)/

今度ジャズバンドでやりたいなあ!!

http://www.youtube.com/watch?v=ze1t1y2OHm4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=Bk69zbEPQrQ&feature=related


2008年 8月 5日 (火)

grant green/live at the lighthouse


grant_greensimg_t_md900250db2sjpg175.jpg
ワタクシの大好きなギタリストの一人であるgrant greenのlive at the lighthouseを紹介します。

一言でいえば「ジャズ」って感じじゃないですが、「ジャズファンク」これに尽きます。

まず、テーマがダサい!ジャズファンクの基本ですね。んでグラント・グリーンのしつこいくらいのランフレーズ、でもリズム感は、いいえ、リズム感ではなく「ノリ」です。ノリのすごさを実感してみてください。そして、ベーシストのノリの凄さ!!これはすばらしいものがあります。なんでこんなにノリの良いベースが弾けるんでしょうか??最高です。

サックスはおまけみたいなもんですが、すべてを求めちゃいけませんから、まあ良しとしましょう。

これがグルーヴってもんじゃあないですか??ダサカッコイイ!!
これに尽きます。ジャズ・ファンク=ダサカッコイイ!!

みなさんでこーおぼえましょー!!!!

おしまい!


2008年 5月 24日 (土)

JAZZのCD


DSC05214.JPG
実は、この頃WAZOOでは、名盤と呼ばれているCDではなく、「この演奏がいい」っていうジャズのCDが入荷中なんですよ(笑)

ジャズの大好きな人ならば、まあ大体、名盤って言われてるCDレコードは持ってるんで、ちょっと違うものを色々と仕入れる訳なんで・・・。

本当のジャズマニアも、ジャズ初心者もちょっと寄ってくれたら嬉しいなあなんて思う所存でございます(笑)


2006年 12月 15日 (金)

scott henderson/vital tech tonesは凄いのか!?


scott_henderson.jpg
あえてジャズの範疇に入れました。

このアルバムは、スコヘンと、スティーヴ・スミス(元ジャーニー)と凄腕ベーシスト、ヴィクター・ウッテンのトリオ作品です。

ノリはロックですが、やってることは本当の意味で”ジャズ”です。

三人が三人とも丁々発止のやりあいで、ソン所そこらのジャズにはない緊張感があります。

このアルバムの中には、コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」が、入っていますが、自分がいろいろと聴いた「ジャイアント・ステップス」の中では(コルトレーンを抜かして)一番かっこいいです。

他の人たちが、この曲をやってるのを聴きますが、みなさん、コードに縛られて一所懸命やってるのが見え見えなんですが、スコヘンは違います。コードの流れはもちろん頭に入ってるので、それに自分流のフレーズを紡ぎだして面白いフレーズをたくさん作っています。これくらい自由に「ジャイアント・ステップス」を弾いてくれたら唸るしかありません。

スコヘンは、ギター・クリニックのときには「ジャイアント・ステップス」は、かんたんです。って言ってました。
「やっぱり、一番難しいのはブルースだよ」って・・・。

で、スコヘンの自分のオリジナルアルバムでは、ブルースを中心にやっております・・・が、またこれがあまりうまくないんです。他の人のアルバムでは超絶で饒舌、すんばらしいテクニックを披露しているスコヘンではありますが、自分のアルバムでは、イマイチのブルースです。
だけど、スコヘンのブルースを尊敬している姿勢が、私は大好きで、ブルースは難しいけどブルースをやっちゃうぞっていうスコヘンのギター・スタイルを私も見習いたいです。

また今日もスコヘンは一所懸命、ブルースを弾いているはずです。